スタッフブログ

長尾 憲志郎 自己紹介へ

★住宅ローンの借り方テクニック★

2020/07/28(火) 家づくりのこと

こんにちは長尾です。

いよいよ梅雨が明けてきますね~(^.^)

我が家では外遊びの準備万端!!

今年も子ども達と真っ黒になるまで、全力で遊びたいと思います。(笑)(^皿^)

 

さて、本日は住宅ローンについてのお役立ち情報をひとつご紹介しますね。

これから住宅ローンを組むかもしれない、という方はご参考までに♪(^^)

 

お家づくりの際は、頭金を貯めて住宅ローンを組む金額はなるべく少なく

したいですよね。

一般的に頭金として100~300万円ほど貯金をされて、お家づくりをスタート

される方も多いかと思います。その分、住宅ローンの金額を絞るという考え方

ですね。

 

☆ここで、ワンポイント☆♪♪

 

「住宅ローン=借金」というイメージから、なるべく借金は

少ない方がいいな~というところなんですが・・・

住宅ローンに関しては、一般的な借金とはちょっと属性が異なります。

 

住宅ローンを組むことによって、

様々な税金に対する優遇が受けられたり、補助金の申請が出来たりします。

それら優遇幅は、借入残高が基準に計算をされたりもするんです。(^-^)

また、借主様に万が一のことがあった場合(死亡やガンという診断を受けた場合)には

借入残高がゼロになる場合もあります。

 

これらの事から総合的に判断すると・・・

頑張って貯めた自己資金をしっかり投入して住宅ローンの借り入れを絞ったり、

住宅ローンを借りた後に繰り上げ返済をガンガン頑張って住宅ローンを絞るという考え方には

メリットとデメリットが存在するという事です。

 

自己資金をしっかり投入して住宅ローンを絞っても、その後車の買い替えで

住宅ローンよりも金利の高いカーローンを組んでしまっては本末転倒です。

しかも返済期限が短い・・・(^-^;

住宅ローンをしっかり借りて、将来の車買い替えの為に自己資金は残しておくのも手です。

教育ローンも同じですね。

 

また、繰り上げ返済を頑張る中で万が一の事態が起これば、これまでの繰り上げ返済は

無駄になります・・・。損得だけで考えることではありませんが。

治療なども重なれば、手元の現金も必要です。

住宅ローンをじっくりゆっくり返済していくメリットも見えてきます。

 

もちろん、住宅ローンをたくさん借りましょうという事では全くありません。(←ここ大事)

テクニックとして大切なのは、資金計画をきちんとして、返済計画に無理のない範囲で

しっかり住宅ローンをかりる。そして、手元の現金をできる限り確保しておくことだと

私は感じています。

住宅ローンは基本的には「1人の方が人生で一度使えるかもしれない恵まれた借金」の

様なもの。このことも頭の片隅に置いといていただけますと、家族会議の際にまた一つ

深い話が出来るかもしれません。(#^.^#)

 

 

最後に!!

本日は固い内容になりましたので・・・(^-^;

シメは長尾ブログ恒例の『焚き火食堂』です!!(笑)

初めての方は、過去の長尾ブログも見てみてくださいね♪

本日のメニューは~

みんな大好き、アヒージョです☆

動画再生は下記タイトルをクリック♪♪

↓↓↓

『焚き火食堂 アヒージョ』

アウトドアでの超~簡単レシピを続々とアップ中です♪

まだまだ、ストック動画も編集中~(笑)

ぜひ、チャンネル登録お願いします☆

 

-Nagao-

 

 

 

記事一覧

1ページ (全23ページ中)

ページトップへ